落ちるところまで落ちてみる

LINEで送る
Pocket

落ちるところまで、
とことん落ちてみる。

落ちきったら、
「飽きた!もう、這い上がろう…」って
きっとなるから。

落ちているときだって、
アタシは世界に受け入れられている。
その証拠に、息をしているから。
呼吸をしているということは、
世界・宇宙から承認されていること。
世界・宇宙から応援されていること。

命は自ずと成長の方向へ向かう。
生きているだけでバンザイだ。

落ちたいときは落ちて。
上がりたいときは上がり。
泣きたいときは泣いて。
笑いたいときに笑う。

アタシの命は、
ちゃんと向かう方向を知っている。
命の力を信じきっていれば、
力みを抜いてもいいのだ。

力みすぎた。
変なところに拘りすぎた。
無理に頑張りすぎた。
頭で考えすぎた。
それは、命の力を信じきれなかったから。

命の力を信じて、
世界に自分を開いていこう。
その信頼さえあれば、
落ちるところまで
安心して落ちることができるから。

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)