2020年の心得

LINEで送る
Pocket

毎年恒例行事の書初め。
本日の午前にやりました〜☆
もう15年くらい、お正月の習慣になってます。

10年前、2010年の書初めは…

10年前のお正月、
2010年の書初めは、

【基】…基本・基礎・基盤を固める
【美】…美しく生きる
【開】…心を開く、自分を開放する、
    外界に対してOpenにいく

という3文字にしていました。

2010年のブログより『2010年!!』

2019年の書初めと振り返り

書初めをすると、
その時に書いた文字の通りの年になることが
多いというのが、アタシの実感。

しかし、昨年だけは違かった!
全然、書初め通りの年にはならなかった…

昨年の3文字の想いとしては、

『自分の中の【輝き】と【愛】を
【咲かせ、咲わせ(わらわせ)る】ことで、
自ずと周囲に与えていくことや
放っていくことに繋がり、
さまざまな循環を引き起こす』

ということでした。

しかし、自分自身が【輝】と【愛】で、
あまり満たされなかった気がする…
だから、咲くことも出来なかった…
そんな2019年だったように思います。

ただ…【やってみること2019】では、
その通りになったのかもww

*人生は何でも実験精神で取り組む!
 →取り組んで、いろいろと手を出しすぎた(笑)

*基本お酒をやめてみる
 →これは無理だったし、やめる必要性がなくなった。
  ダイエットが目的だったが、
  お酒をやめなくてもダイエット出来たから☆

*一旦、お金を手放してみる
 →本当に手放しちゃった…
  「目的はお金に対する〈恐れエンジン〉からの
   脱却」とあるが…確かに、恐れなくなった。

*なんでもアウトプット
 →う〜ん、ここはアウトプットまだ
  足りなかったかもな。。

昨年のブログ→『2019年の心得』

2020年の書初め

昨年のいろいろから、
学んだこと、気づいたことを踏まえ、
今年はというと…

まずはこちら【躍】
“ときめき”とか“ワクワク”とか漢字がないので、
これを一文字で表すとしたら、
何かなーって思っていて、
ピッタリ来るのが【躍】でした。

躍動感、おどりあがる感じ、喜びの現れ。
なんか、そんなようなイメージ。

続いては、こちら【楽】
面白く書きたいと思って、
今年は象形文字で書いてみた☆

こちらも【躍】と似通った感じで、
“ワクワク”の楽しさを大切にしたくて。

「どんぐりをつけた楽器」の
象形から「音楽」を意味する「楽」という漢字が
成り立ち、そこから転じて、「たのしい」
の意味も表すようになった。

「漢字/漢和/語源辞典」より

踊りや音楽、そういった言語以外のことを
活用しながら、身体を動かし、
感性を拓いていく…そんなことをしたいから。
今年は【躍】と【楽】を選びました!

そして、最後の一文字は【自】

◎自ら
◎自然(じねん)→おのずからそうであること。
 ひとりでにそうなること。
◎自由→自らの意思や本性に従っていること
◎自在→意のままであること。

“自分”という軸を中心に、
自らの意志で発信をしていく。
誰に囚われることもなく、
自分の決断で道を切り拓いていく。

“自分”という人間は…

“自分らしさ”は何だろう…と思い返した時、
〈楽しさ、軽やかさ、明るさ、親しみやすさ〉であり、
その“自分”で在る(居る)ことこそが、
貢献をしていくのに最短だと気づいてから、
随分と楽になった。

これまで、何になろうとしてきたのか。
これまで、誰になろうとしてきたのか。

「自分を自分で生きよう」と腑に落ちたら、
これまで何を目指そうとしてたのか、
サッパリ分からなくなった(笑)
単純だから。

なんだか、とってもアタシらしい書初めに
なったような気がする♡
背伸びも無理もしていない等身大のアタシ。

さぁ、今年は踊るように楽しく、
音を楽しむように軽やかに。
アタシらしく明るく親しみを持って。
自分の好きなフィールドで、
自分のしたいように咲こうと思います!

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)