マーキーさんのファシリテーター講座

LINEで送る
Pocket

久々のインプットネタ。
マーキーさんこと青木将幸さんの
ファシリテーター講座・特別編『上善水の如し』に
参加してきました!

マーキーさんについて

セラピスト仲間の正枝ちゃんに、
以前からお名前だけは聞いていた。

最初にお名前を聞いたのは、
昨年の春頃だったと思う。

当時、正枝ちゃんと一緒に通っていた、
大塚あやさんの「ビジネスプロ支援コース」にて、
アタシが家族間の関係修復をする事業を
やりたいと話しをしたら、
「ゆかちゃんがやりたいことに
近いことをやっているファシリテーターがいるよ」
と、教えてくれた。

その時は、「へぇ〜」と興味を持ちつつ、
たしかホームページまで見たけれど、
特にセミナーや講座等に行こうとまでには至らなかった。

それから月日が経ち、
先日正枝ちゃんがマーキーさんの講座に行ってきたと、
Facebookで感想が書かれていた。

「あ、前に言ってた人だ!」と思い出し、
なんとなく直感的に「行ってみよう!」と思って、
講座に申込みしてみた。

直感的なノリだったので、
正直、青木将幸さんがどのような方なのか、
ほぼ知らないまま、ひとまず最寄り駅に到着。
時間に余裕があったので、
駅近のローソンでコーヒーを飲みながら、
ようやくマーキーさんについて調べた。

家族会議から国際会議まで、
20年以上に亘ってファシリテーターをしており、
日本にファシリテーションを持ち込んだ
草分け的な存在とのこと。

…なるほど。

★青木将幸ファシリテーター事務所HP★

で、実際にお会いしてみると、
いい意味で素朴な方というか、
フランクでシンプルな人という感じ。
いや、シンプルというよりは、
ニュートラルでナチュラルな感じという方が、
しっくりくるかな。

変な意味じゃなく、
可もなく不可もなくというか。
びっくりするくらい、
“お水”のような人だった。
「ただ、そこに、在る」みたいな存在っていうのかな。。
なんとも表現しづらくて、
変な風に伝わったらイヤだけどww

「プロの(本物の)ファシリテーターだな」って
アタシは感じた。
あのニュートラルさ。

講座の名称『上善水の如し』は、
老子の言葉から来ているとのことで、

「人と争わず、常に低いところに留まりなさい。
 まるで水のように」

という意味だそうで。
そんな風に流れるようなしなやかさを持ちつつ、
誰にとっても必要な存在であり、
「上に行こう!」として戦うのではなく、
低いところに留まるというスタンスが、
ファシリテーションでも大切だということで。

大変勉強になったというか、
素晴らしく、またわかりやすい在り方の
表現の仕方だなって思いました。
アタシも水のような存在を目指したい。

↑ちょっと違う…笑?

ファシリテーションの原点はRJか⁉

そんなマーキーさんが、
ファシリテーションの歴史についても、
少しお話ししてくださいました。

最も古いファシリテーションは、
一つは〈火〉だそうで、
焚き火だそうな。

最近も流行り始めましたね。
焚き火のセラピーとかヒーリングとか?
一人キャンプとかも流行ってるしね。

そして、もう一つは、
ネイティブ・アメリカンがやっていた、
中心に神聖なものとして石や木を置き、
その石や木を持った人の話を、
参加者全員が耳を傾けて聴くということをしたのが、
始まりだそうな。

・・・ん?どこかで聞いたぞ、その話。

あーーー!
それってRJ(修復的正義)じゃん!

★RJの詳しくはコチラから★

ファシリテーションのいろいろ

これまで、アタシもオタクなとこがあるから、
いろいろなところに学びに行ってる。

最初に“ファシリテーター”という存在に出会ったのが、
グループ心理療法“エンカウンター・ワークショップ”の
ファシリテーターだった。
なので、それが“ファシリテーター”なんだと思ってた。
要するに、心理療法が絡んでいるものだと。

その後、“グループ心理療法”にチャレンジしたいと思い、
「ファシリテーションを学ぼう!!」と、
2016年に日本ファシリテーション協会(FAJ)へ行った。
FAJのファシリテーションの定義は以下の通り⬇

ファシリテーション(facilitation)とは、
人々の活動が容易にできるよう支援し、
うまくことが運ぶよう舵取りすること。
集団による問題解決、アイデア創造、教育、学習等、
あらゆる知識創造活動を支援し促進していく働きを意味します。
その役割を担う人がファシリテーター(facilitator)であり、
会議で言えば進行役にあたります。

日本ファシリテーション協会より

FAJでは基礎を学んだ。
集団の会議を遂行していくのに、
様々な手法や技術を。
そして、少し在籍して…ちょっと違和感を感じ、気づいた。
自分がやりたいと思っているファシリテーターとは、
何かが違うぞ…と。
アタシがやりたかったのは、
やはり心理療法が絡んだり、
ちょっぴり自己啓発寄りのことが入ったりすることが、
自分のやりたいことだった。

昨今、ファシリテーターが流行り始めているのも、
上記のFAJが定義しているファシリテーションの
位置づけが多い。
マーキーさんのファシリも、こちらだ。
人々の活動がスムーズに進むよう支援し、
舵取りをする。
集団における【合意形成(コンセンサス)】や、
【第三の答え】なんてことも、
最近は研修なんかでもよく耳にすると思うが、
まさしく“対話(ダイアローグ)”で、
その場に参加している全員が納得する道を探るため、
サポート(促進・進行・支援)をしていくもの。

ファシリテーションの目的

ということで、心理療法でのファシリテーションと、
集団の問題解決のファシリテーションとでは、
当然アプローチが違う部分がある。
チームビルディングなどのファシリテーションも、
またアプローチが変わってくる。
その場や集団の目的に合わせて、
プログラムすることもあれば、
あえてプログラムしないこともある。

どれも集団(グループ)の場を創り、
推進するのがファシリテーターの役割ではあるから、
目的によってやり方は様々だし異なるのだ。
心理療法では、セラピー的要素が含まれたり、
気づきの促進や思考の書き換えなどが入ってくる。
だから、何を目的にそのグループが構成されていて、
どこへ向かおうとしているのかが大事。

マーキーさんスタイルでは、
ファシリテーターは目標(ゴール)を持たない。
これはとても重要。
なぜなら、彼のやるファシリテーションの場は、
地域や国際的なもの、家族などのコミュニティ
(すでに関連のあるコミュニティ)の中で、
コミュニティ内の人たち自身で目的を見出し、
そこへの解決策を模索していくことをサポートするのが、
ファシリテーターに求められていること。
その“場”は参加者の場であって、
ファシリテーターの場ではない。
あくまでもコミュニティに関連している参加者が主人公であり、
ファシリはサポート役に徹するのだ。
グチャっとした集団の中に入って、
交通整理をするのがファシリテーターのお役目かな。

けれども、アタシがやるファシリテーションには、
目標・ゴール設定は持たないが、
ファシリテーターの意図は少し入る。
そこには“心理療法”という目的があるため、
気づきを促し、時に癒やすことを、
場(=ワークショップ)の中でやることが、
目的だから。

どんなことを織り込むかというと、
参加者の気づきを誘発するワークや、
課題に直面するための言葉の投げかけ。
感情に触れるための仕掛けのようなもの等。

だから目的や場によってやり方は様々で、
何が正しいとか間違っているかではない。
ただ一つ、これだけは間違っているというのは、
「ファシリテーターがコントロールすること」や、
「ファシリテーターがゴールを決めること」
これは心理療法であっても、
集団の問題解決であってもNG。
ファシリテーションをただの“スキル”として
捉えられてしまうと、この辺りを間違ってしまうこともある。
ファシリテーションって奥深くて、
小手先の技術でやろうとすると失敗する。
やはり、ここでも大事なのは、
〈在り方(Being)〉なんだよね。
このBeingが整っていないと、
無意識に参加者や場をコントロールしてしまったり、
アドバイスをしようとしたり、
ゴールを決めようと力が働いたりするので、
自分自身のクリーニング・クリアリングは、
カウンセリング同様、とても大事。

で、集団の問題解決であっても、
心理療法であっても、
アタシが大・大・大好きなのは、

ゴールが“どこに着地するかわからない”
という混沌とした中で、
それぞれの人(エネルギー)が交わり、
調和されていく場に自然となっていくこと。

これが、ファシリテーションの堪らんとこ!すごい!
まさに水のように、
どこに流れ着くかがわからない面白さ。
その計り知れない可能性のデカさや、
人の奥深さに触れられることが、
ファシリテーションの醍醐味なのだ。

結局、アタシのやりたいことって…

結局のところ、
アタシがやりたいことって、
何年も変わらなくて。。

ファシリテーションしたい!

なんだよね。
ファシリテーションもRJも共通するのは、
〈調和〉なんだす。
この〈調和〉が織り成す場が、
言葉にはならないほどの感動的なもので。
そこに触れていたい!

分かち合いの瞬間、氷が溶ける瞬間、
場が調和する瞬間、愛に溢れる瞬間。

それが堪らなく大好き!

で、このファシリテーションを、
基本は心理療法メインでやってるけれど、
(それが好きだからね)
ぶっちゃけ、集団の問題解決におけるファシリ、
会議の場のファシリも出来るし、
それはそれで好きなのよ。

久々のインプットの場に行ったけれど、
学ぶことも多く、体験をしたのは大きかったけれど、

もうアウトプットだから!
もう自分で出来るから!
もうやるだけだから!

と、自分の中で思った。
もうやっぱりインプットはお腹いっぱいだ。

マーキーさんが仰っていた印象的な言葉。

場が私たちを育ててくれる!

場がないと、成長もできん!
なので引き続き、
心理療法のワークショップファシリテーションも、
また集団の問題解決ファシリテーションも、
自分のウリの1つとしてやっていきつつ、
場数を踏んでいこうと思います。

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

“人生の縮図”の中で練習する

LINEで送る
Pocket

“人生”というステージは、常に本番だから。
練習することもなく、
ぶっつけ本番でいろんなことが起こる。

最近、ふと思うのが。
セッションやグループワークなどは、
ある意味〈練習の場〉ではないかと。

本番のステージで失敗し、
それに悩み、苦しみ、嘆き。
でも、ナゼか同じことが繰り返されている。
そこからの脱出の仕方がわからないまま、
本番の人生ステージは続いてく。

だから、セッションやグループワークに来て、
本番では感じきらなかった感情を味わい尽くし、
本番では言えなかったことを言ってみて、
本番では泣けなかったことに涙を流し、
本番では出せなかった怒りを露わにし、
本番ではそっけない態度をしてしまったことを、
これまでと違う対応で試みる。
そう、〈人生の実験場&練習場〉なんだよ。

“人生”という本番に用意されているステージは、
楽しいことも、喜びも、嬉しさも、幸せもあれば、
悲しみ、怒り、辛い、痛い、寂しい、不安など、
さまざまな感情を伴うことが起こり続ける。
そんな感情に翻弄されながら、
あーでもない、こーでもないと自分なりに
試行錯誤しながら、生きてきた。
とても一生懸命に生きてきた。

自分なりの試行錯誤というのは、
自分の人生の過去から身につけてきた、
自己流のやり方。
また、親や教育課程で身につけてきた、
他者のやり方を無意識に取り入れている。
それでうまくいかないと思うのであれば、
やり方を変えるしかないけれど、
何をどうやって変えたらいいかわからん。

新しいやり方もわからないし。
今までとは違うやり方って超ビビるし。
どんな結果になるか予測つかないし。
だからって、同じやり方だとフン詰まるし。
にっちもさっちもどうにもブルドック…って時に、
(古いけど)
〈人生の実験場&練習場〉に行って、
これまでの棚卸しをし、
そして新しい選択肢を増やす。
そのために、カウンセリング・セラピー・グループワークが存在する。

人生の縮図

アタシは自分のワークショップで、
ここをとても大切に意識している。

人生の縮図であること

1日という時間の中で、
ワークを通して自分と出会い、
他者と出会い、立ち止まって感じる。
そんな時間と場を提供しているが、
そのベースになっているのは、
この“切り取られた1日”という時間は、
“人生の縮図”であるという意識。
そこを意識してプログラムづくりをしている。

人生の中で人と出会った時。
人と関わる時。
何かを決断する時。
何かを手放す時。
他者との関係の中で、
また同時に自分との関係の中で、
いろんな感情を味わいながら、
いろんな考えを持ちながら、
一瞬一瞬を決断して選択している。

その自分の選択・決断を、
本番の人生では当たり前のようにやっているが、
そこを一旦立ち止まってみて、
味わってみる・問い直してみることで、
自分のパターンに気づくことが多くある。

だから、ワークの中でシェア時間を十分にとり、
自分の内側を見つめ、他者との関係から学び、
気づきを得ていくこと。
それが、アタシのワークショップの最重要なことであり、
また大切にしていること。

この1日は、人生をギューーーーっと濃縮した、
“人生の縮図”なので、
この中で起こったことは人生でも起こっていること。
自分の生き方のパターンに気づき、
必要であれば癒やし、新しい選択をサポートする。
そんなことがやりたくて、
グループワークをやっているのです。

2月29日(土)ワークショップ

もう間もなくですが、
2月29日(土)10:00〜 横浜関内で、
1dayワークショップをやります。

新型コロナウィルスのこともあり、
開催中止も検討しましたが、
不特定多数の方と接触があるイベントではないので、
マスク着用&手洗い・消毒を徹底した上で、
開催することにしました。
(マスクは各自でご用意お願いしています)
楽しみにしてくださっている方もいて、
大変ありがたいことです。

ウィルスのことを考えると、
あまり身体を接触するワークはプログラムに入れられないので、
一部変更を検討しているのですが、
自分がグループワークで大切にしていることを、
今後やっていく上でも軸がブレないよう、
ここに認めておこうと思って、
ブログに書いておきました。

2月29日は、あと1名で締め切りです。
ご興味ある方は、下記よりお申込みお願いします。
Facebookでアタシとつながりある方は、
イベントページよりどうぞ☆

2月29日(土)ワークショップ申込

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

“所有”の概念を手放す

LINEで送る
Pocket

ここ1〜2ヶ月ほどだったか。
“所有する”ということに対して、
疑問を抱くようになり、
最近、“所有”に対する自分の考えを、
人に話すようになった。
ずっと記事に書こうと思っていたけれど、
これを書いてしまうと…

この人…変。

と、理解されないことも多いと思ったし、
誤解されてしまうこともあるかと思ったので
躊躇をしていたんだけれども…

ちょうど、アタシの師匠である明美ちゃんも、
偶然にも同じことを話していたので、
おそらく集合意識であり、
同じような感覚を持っている人がいるような気がして。

だから書いておきたくて仕方がなかったので、
ドキドキしながらも、
アウトプットしてみようと思う!

物質はシェアの時代

もう気づいている人も多いでしょう。
物質がどんどんと“シェア”されている時代に
突入したということを。

カーシェアリング、シェアサイクリング
シェアオフィス、シェアハウス…
最近見たものだとシェア傘とかもね。
洋服だってスタイリストが選んでくれた
服が送られてきて、貸してもらえるし。
結婚式のドレスなんかも、
私ももう5年くらいは専門店で借りている。

物を所有することに対する概念が、
大きく変わりつつあるのが、ここ数年のこと。
“共有する”という概念が、
物質界に入ってきているわけだ。

人間関係で起こる“所有”の感覚

ここからは賛否両論ある話しで。
人によっては、批判をしたくなる人もいると思う。
…ということを前置きした上で。
私の個人的意見として、あえて書きます!

離婚率が増加傾向にあり、
不倫も、もはや特別なものでなくなってきた今。
ここで浮上する疑問が、

んじゃー“婚姻制度”って…ナニよ?

という素朴な「?」が、
私の中に湧いてきた。

家族を形成するためには、
一つのコミュニティーとしてとても大事。
それは分かっている。
人格形成に家族の中での関わり方が、
将来的に大きく影響することは、
知識的にも自分の体験からも知っている。

だから、家族を作りたい!
子供がほしい!
子供を育てたい!
という方には、ぜひ結婚をしてもらいたいし、
家族を作ってもらいたいし、
“家族”というチームを築くことで、
子供たちを守って欲しいとは思う。

そして今回は、
そことは別軸の話しで・・・

人は役割にハマってしまうと、
所有したような気分、
所有されているような気分に
なったりする…人もいる。

例えば、妻であったら、
夫を自分の所有物として扱う人って…いない?
「うちの夫なんてさぁ〜使い物になんないのよー」とか。

例えば、彼女ができたら、
その彼女を自分の所有物として接する人って…いない?
「俺のアイツがさー…」と、“俺のアイツ”呼ばわり。

これね、結構いると思うのよ。
てか、はるか昔、アタシだってそうだった。

この〈関係性=所有〉になっていることについて、
今回は語りたいのであーる。

所有関係は分離と支配を生む

この〈関係性=所有〉という感覚を持っちゃってる人。
自分では、なかなか気づかないんだけど、
要注意ね!

相手を自分のものだと思っちゃうから、
イライラしたり、悲しくなったり、
寂しくなったり、落ち込んだりするわけ。

例えばよ…?
彼氏が出来ました♪
いつでも一緒よ〜私たち♡
アナタは私のものよ〜♡
私もアナタのものよ〜♡
だから、今日の予定教えてね〜♡
誰と会っているか、知って当然だわ〜♡
だって、私はアナタの彼女だから♪

で、彼氏が今日の予定を教えてくれなかったり、
他の女性と会っていたりしたりすると、
めっちゃ怒ったり、悲しんだり、
落ち込んだり、発狂したりするわけ。

いやいやいやいや…
彼は別にアンタのもんじゃねーし!

そこに「彼は私のもの」という
所有したい考えがあるから、
思い通りにならなかった時に、
激しく感情が揺さぶられる。

彼には彼の時間があって。
彼には彼の大切な繋がりやご縁があって。
彼には彼の夢や将来があって。
彼には彼の幸せや喜びがあって。
彼には彼の選択があるから。

相手を所有しようとすることが、
支配しようとするエネルギーとなり、
結果的に分離を生んでしまう。
そして、相手を所有・支配しようとすることで、
自分自身の可能性からも、
自分を分離してしまうことになりかねないのだ。

彼氏がいるから、
他の人との繋がりは切るわ〜♪

なんて、今の時代にいるかわからないけど、
それが“一途”だと思っていたら…
ソレ、間違ってるからね!

“所有”の概念がないと…?

この“所有”の概念がなくなったら、
人間関係はどうなるか。
まさに…

自由

でしかない。

私が誰と一緒にいようと。
私が誰と一緒の時間を過ごそうと。
私が誰と一緒の空間にいようと。
その都度、心地のいいと思える人と、
一緒にいることを選択すればいい。

誰に支配されるわけでもなく。
誰に断りをいれるわけでもなく。
誰に管理・監視されるわけでもなく。
その瞬時に、一緒にいたい人を選べばいい。

自分に自由を許していると、
相手の自由も許せるようになる。
自由を許し合う関係というのは、
とーっても心地のよいもの。

だからね、彼氏・彼女という枠もいらない。
夫・妻という枠もいらない。
枠組み・役割なんて、どうでもいい。
だって、その瞬間にその人と居たいんだもん。
そして、相手は自分のものじゃないもん。
お互いの時間が合った時、
お互いが惹かれ合った時、
関係性という枠を取っ払って、
ただ一緒にいる…それでいいんじゃないかってこと。
そんな〈自由関係〉を築いていこうと思う。

“所有”を手放せるようになるには?

“所有”を手放せるようになるには、
〈信頼〉しかないのだ。

自分への信頼。
そして相手や世界に対する信頼。

人は不安になるから、所有したくなる。
不安がなくなる=信頼できれば、
安心できるし、失うことへの恐れも減っていく。
失うことに恐れがあるから、
相手を離さないように「彼氏・彼女」という
役割を持つことで、お互いを囲ってしまおうとする。
役割が枠組みであり、そこに不自由さが生じる。

失うことを怖れている人、怯えている人ほど、
物を所有したり、お金を所有したり、
人にしがみついたり、
人を支配しようとしたりする。

けどね・・・
失うもナニも、
そもそも自分のもんじゃないから!

そして、分離が生まれるということは、
そこには対立も生まれやすいってことだ。
もう、そういう時代が終わっていくということを、
物質界からは見て取れる。

より人は所有を手放して自由になり、
身軽になり、
多様性を受け容れてシェアして、
個を生きる時代へとシフトチェンジする。

アタシもその時代を謳歌するため、
所有の関係を手放し、
自由を生きることにした。
ここまで来るのに、時間かかったー!

この考えを理解した上で繋がれる人というのは、
今はまだごく一部だけど、通じる人には通じる。
そんな中で〈自由関係〉を、
理解ある人と楽しんでいければと思う、
今日この頃。

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

アタシにとっての“バスト(胸)”の存在

LINEで送る
Pocket

女性にとって、“バスト”の存在って
大きなものだと思う。(人によるけど)

アタシにとっての“バスト”は、
「あってもなくても同じ」みたいな、
そんな感覚だった。
今回の一件があるまでは。

スタイルに対するコンプレックスの強さ

アタシは昔から、
自分の体型にコンプレックスがあった。
胸が小さく、けれども下半身はシッカリしている。
そんなバランスの悪い自分の体を、
とても嫌っていて、恥ずかしく思っていた。
だから大事にもしていなかった。

女性同士でお風呂に入るのも嫌だったし、
胸の大きいグラマーな友人を羨ましく思い、
自分の胸は成長が止まってしまったように感じていた。

こんなスタイルの悪いアタシ。
胸の小さな自分は女性としての魅力なんて、
これっぽっちも無いものだと本気で思ってた。
女性として魅力のない自分は、
当然のことながら男性に愛されるわけがないって
これも本気で思っていた。

そのコンプレックスもあってか、
10〜20代は身体を大事にしていなかったし、
女性としての尊厳も低かった。
今となっては信じられないほど。

30代になってからは、あまり気にしなくなる

20代までは、容姿をとても気にしていたし、
お年頃もそういう年齢だったと思う。

けれども30代に入ると、
さほど胸の大きさは気にならなくなってきた。
それは、自分の身体を“あるがまま”受け容れたからであろう。
ある意味、諦めというか(笑)
「まぁ、もうこの身体だから、仕方ないよね!」
そんな気持ちになってきて、
人と比べることもしなくなったし、
コンプレックスを感じることもなくなってきたし、
個性と思えるようになってきた。

小さいのには変わらない(笑)
成長はもう期待できないしww
しかし“女性の魅力”というのは、
別に胸の大きさやスタイルでは無いってことに、
ようやく気づいてきたのは、
30代に入ってからだった。
それまでは目で見て分かりやすい、
「女性の色気・魅力=バスト」と思っていたけれど、
(中高生の男子か!!)
小さなバストだって、
私という存在に女性としての魅力もあれば、
色気だってあるんだと思えるようになってきた。

そしたら男性との付き合い方も、
徐々に変化してきて安定してきた。
身体ではなく“存在”を大切にしてくれる人と付き合うようになったし、
自分も楽になってきた。

右胸の良性腫瘍

今年の初夏、右胸にシコリがあることに気づいた。
「これくらいのシコリ、きっと誰にでもあるよね!」
という、謎の自己流解釈…けれども、左胸には無い。

「まさか…よね?」と思いながら、
健康診断に随分と行っていなかったから、
そのシコリをきっかけに健康診断へ行った。

そしたら、やはり胸のシコリが、
大学病院での再検査になったのだった。

8月〜9月にかけて検査をした結果、
【葉状腫瘍(良性)】と診断された。

癌細胞とは別の腫瘍で、
しかも良性なんだけれども、
大きく成長してしまうので、
医学界では摘出しなくてはいけないとされているらしい。

これまで恵まれたことに、
大きな病気や怪我もなく、
インフルエンザだってかからない、
花粉症にさえならない超健康優良児の自分に、
突如降り掛かってきた全身麻酔での手術。

最初は受け容れられなくて、
散々泣いて、泣いて、仲間たちに支えてもらい、
不安を出し切ったら、
ようやく落ち着いて現実を受け容れられるようになった。

手術することの肚が決まってからは、
特に不安になることもなく、
いたって普通の穏やかな生活をしている。

けれども、ふと昨晩、
「アタシにとっての“バスト”とは…?」について、
思いを巡らすようになった。

無くてもいい存在なんてない

今回の手術は、
腫瘍+腫瘍の周囲を摘出するので、
胸がなくなるわけではない。
乳ガンで全摘出しなくてはならない方も多くいる中で、
本当アタシは恵まれているのである。
ここでは、人と比べることはさておき…

自分にとって、
若い頃からコンプレックスとしてきたバストが、
いざ傷がつくとか、変形するとかって考えると、
「貧乳だからあってもなくても一緒」
なんて思っていた存在が一気にフォーカスされ、
急にバストさんに対する申し訳なさと、
愛おしさが湧いてきた。

こんなにもタフな体力と、
五体満足に生んで&育ててもらって、
胸が小さいだの、お尻が大きいだのを理由に、
自分の身体を大切にせずにいて。
なんて身勝手なんだろう。
改めて、自分の身体に対する愛が無かったことに、
今この状況になって反省をする。

先日、ハイヤーセルフリーディングへ行ってきて、
その時「この病気が伝えてくれるメッセージは?」と
聞いてみたところ、【自己犠牲】と言われた。

まさに「あってもなくても一緒」とし、
自分を粗末に追いやって、
自分の大事なことを中心に置いてこなかった、
自分の生き方を指摘されたようだった。

そして、自分がまさかバストに対して、
「あってもなくても一緒」と思っていたことも、
今回の一件ではじめて気づいた。
アタシという肉体に対して、失礼すぎる!

自己犠牲をやめる人生にシフトチェンジ

そんなに大事にしたくないので、
腫瘍&手術のことは、
一部の人にしか話してなかったけど。
今回の一件からの気づきとして、
書き留めたかったのでブログにしました。

もう自己犠牲をやめて、
自己卑下もやめて、
我慢することもやめて、
自分のことを“無くても一緒”という考えもやめて。
自分中心で生きることをしよう!

今年も自己犠牲、いっぱいしちゃってたなー!
癖になってるから、ついついやっちゃうけど。
自己犠牲って、被害者意識でもあるよね。
もぉ〜やだー!
そんなダサい生き方から脱出するのだ!

自分の肉体を愛し、
自分の存在を愛し、
あるがままの自分に感謝し、
自分の中心を生きよう。
女性としての魅力も、
人間としての魅力も、
十分にあるのだから大丈夫。
まずは、自分が自分を信じてあげる。

学びの多い人生じゃ。

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

講師の落とし穴

LINEで送る
Pocket

自分も講師をする立場なので、
他の講師の方から学ぶことは多い。
「人の振り見て我が振り直せ」とは
よく言ったもので。
講師としての在り方・やり方が、
「勉強になるなぁ」というときもあれば、
逆に「自分は気をつけよう」という、
反面教師になって気付かされるときもあり。
どっちみち…ありがたいことだね。

久しぶりに“イラッ”としてもうた。

先日、某所のある講座にて、
久しぶりに“イラッ”としてしまった。

某大学で行われた、
社会人向けの研修プログラム。
〈コンフリクト・マネジメント〉を
受講したのだが、
その講義に“イラッ”としてしまったのだ。

メディエーターとして活動を始めた今、
アタシにとって〈コンフリクト・マネジメント〉
を受講することはとても重要だった。

この講座は今年の3月頃だっただろうか…
ネットサーフィンで見つけて、即座に申し込み。
約半年間、楽しみにしていたのだ。

けれども、担当している講師の講義内容や
説明が、全く………わからん。

アタシの理解力がないだけ??

なんて思いながら、
勇気を出して同じグループの人たちに尋ねた。

「あのぉ‥先生の説明って、
 皆さん理解されてます?」

すると、皆さん
「いやー全然わからないです。」とか、
「こちらからの質問にトンチンカンな答えが
 返ってきて、余計にわからない。」とか。

あ、アタシの理解力の問題じゃなかった‥
と、胸をなでおろした。

アタシは“劣等感コンプレックス”があるからね。
すぐに「自分の能力の至らなさ」に帰結しちゃう
考え方のクセがあるのです。

その説明下手の講師の“教え方”に、
だんだんイライラしてくるアタシ。
ほんと、その場から逃げ出したかった。
時間の無駄に思えたから。

この講師の落とし穴はドコに?

この講師の落とし穴は、
ドコにあったのだろうか…。
それは

〈知っている立場からモノを言う〉

ところにある。

これは講師だけに限らず、
こういう上司もめっちゃ多くいる。
アタシのこれまでの上司も、
ほとんどが、このタイプだった。

知っていることが当たり前になってるから、
知らない人の立場・視点に戻れない。
知識と一体化しちゃってるから、
説明も主観的なのである。

だから、知らない人(教わってる人)が、
ついていけなくなって、
取り残される感覚になる。
それが、教わっている人の“やる気”を削ぎ、
ストレスを与えるのだ。
挙句の果てには、
弱い立場の“理解不足のせい”にする。

アタシもこれまでの職場で、
〈知っている立場からモノを言われる〉ことに、
ものすごくストレスを抱えてきた。

だから、自分が講師をする時。
過去でも職場で部下に指示する時。
〈知らない人の視点に合わせる〉ことに、
とても気を使ってきたし、十分配慮してきた。

アタシの講座が「わかりやすい」と好評なのは、
何も特別なことを教えているのではなく、
知らない人の視点を意識しているからであろう‥と思ってる。
要するに…

素人でも、
小学生でも、
わかるように!!!

ということが、とても大事。

立場の低い方の
能力・理解不足のせいにする前に、
自分の指示の出し方を見直せ!!

…って感じ。

アタシでも出来るわ。

そんなストレスのかかった講義を2日間受け、
アタシの結果としては…

この内容なら、アタシでも出来るわ。

だった。
しかも、もっとわかりやすく、
心理学の“し”の字も知らない方でも、
すんなりと理解してもらえるように。

この講師の主観的なアノ教え方で、
傾聴・アサーション・論理療法を教えて、
一般企業で務めていらっしゃる皆さんに、
わかるわけない。

専門知識のあるアタシでさえ、
講師の言っていることが「?」だったのに、
専門知識のない人達が、
理解できるわけないよ。

何度も横から口を出したくなった…
何度も講義を奪いたくなってしまった…
そこを抑えるのに必死だった2日間。
アタシにとっての我慢大会みたくなっていた。

そのストレスのハケ口として、
今コーチでついてくれている、
ノブさんに愚痴をこぼした。

するとノブさんは、こう言ってくれたのである。

それはアナタのレベルが、
それだけ高いという証明じゃないかな?
楽しめ!

と。
とても救われた。そして、自信がついた。
最高の“勇気づけ”である。

反面教師にして進もう

ということで、
愚痴ってても仕方ないので、
その講師から学びを吸収したら、
もう手放してOK!

ちなみに、アタシのイラッと感は、
何が原因だったかというと、
【講座に対する期待】だったということ。
期待が大きかった分、がっかりした。
そのがっかりした残念な気持ちが、
イラッとしたわけだった。
あと、金額に見合ってない!ってことかな。

今回の講座をきっかけに、
コンフリクト・マネジメントの講座も、
今後自分でやっていこうと誓い、
2日間の学びは終わった。
「アナタでも出来るよ」という
メッセージだったんだなー!
(…と、ポジティブに解釈)

そして、自分が講師である以上は、
学びに来てくださっている皆さんと同じ視点で、
一緒に考えていく視点で講座をやることを、
改めて誓った。

一方的に伝える講演スタイルは、
アタシはあまり好まなくて。
その場の人たちを巻き込みながら進めていく、
どちらかというとワークショップに近い形で、
講義をするタイプ。

▶ 傾聴講座
▶ 自分も相手も大切にする自己主張
 (アサーション)講座
を今は中心にやっていますが、
そのうち、〈コンフリクト・マネジメント〉も
プログラムに加えていこうと思っていますので、
社員研修等のご用命がありましたら、
ぜひお気軽にお声がけください♪

★クリック★ 傾聴講座の詳細
★クリック★ アサーション講座の詳細

引き続き、コンフリクト(対立)の関係修復、
メディエーション・プログラムも大好評です☆
対立している“こじれた関係”の仲直りをサポートします。
こちらも宜しくお願い致します!

こじれた関係の仲直りをサポート!
メディエーション・プログラム

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

バカでよかった。

LINEで送る
Pocket

自分が“バカ”でよかったと、
先日の研修を経てから、
なんだか…ジワジワと感じてきた。

だって真面目で利口だったら、
アタシはもっと疲弊して、
大きな病気になっていたと思う。

アタシは適度にバカで、
そして、自分の“感性”に従って
生きてきたから、生き延びたのだ。
しかも、幸せに♡

そう、アタシを助けてくれるのは、
いつでも自分の中の“感性”だった。

特に進むべく道が見えないとき。
自分の“感性”がピンっと、
閃き・情報・出会いなどのご縁を、
引っ張ってきてくれる。

そもそもアタシは、
“知”を得意とする人物じゃない。
お勉強することは嫌いな方。
読書も新聞も歴史も数字も嫌いだった。
頭で記憶する系、解く系は特に弱い。
作文・絵・音楽・ダンス・道徳が好きだった。
要するに表現すること、感じること、
情に触れることがそもそも好きなんだ。

で、それでよかったんだ。
理性優位の学生時代を生きるのは、
常に比べられて辛かったけど、
(だって、出来ない子だから)
でも、今ようやく「よかったんだ」って
思えるようになった。

これまで学歴コンプレックスがあったから、
真面目で利口なフリしてたけど、
そんな背伸びや鎧はもういらない。
【感性型人間】の自分を、とことん愛する。

しかし…逆にちょっと、
バカさ加減が足りないなぁ。
もっと思いっきりバカしないと、
〈中途半端バカ〉になっちゃうなぁ。
振り切りたいなぁ。。。

よし!
これからは、
バカ研究をいろいろしてみるか。

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

感性とつながる旅。

LINEで送る
Pocket

昨日までの3日間、
感性とつながるための旅をしてきた。

自分の志や顔を見失い、
自分の奥にあるエネルギーが枯渇し、
鬱々した状態が続いていた、ここ一ヶ月。

そのタイミングでやってきた、
行徳哲男先生の【BE訓練】は、
私にとって大きな転換となるようなきっかけを、
もたらしてくれるのではないかと、
期待をしていた。

言葉ではとてもじゃないけど、
言い表しきれない体験。
この体験や感じたことを言葉にすると、
とても薄っぺらく、平らなものに
なってしまいそうな気がするので、
ブログに書こうとは、
今の時点では思わない。

けれども、人生における…
というより、この“生”における、
【真ん中の最重要な何か】を
自分の中心に取り戻した気がする。

私の命は、まだ燃えていない。
私の生は、まだ動いていない。
私の力は、まだ出ていない。
そして“感性”が、
「私を生ききりたい!」と言っている。
そんな声が、ジワジワと湧き出てくる。
侍魂が目を醒まし始めた。

行徳哲男先生、御年87歳。
現役でこのパワフルな研修をされていることが、
本当に凄い…としか言いようがない。
感性で生きている人は、めちゃ元気だ。
そして、この研修に命を賭けているのが、
ビンビンに伝わってくる。

感性につながることは、
自分の“命の源”とつながること。
命の源から湧き出る、
【自分の中の眠るパワー】を呼び起こしたい方は、
先生が現役でまだやられている今、
ぜひ参加されてみてください。

次回は7月です。
詳細知りたい方・参加希望の方は、
個別に連絡をください。
人生に二度と無い体験をぜひ…

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

私には、もっと深い“感性”がある

LINEで送る
Pocket

先週末の3日間、
LPL認定セラピストの試験でした。

LPLとは…★岡部明美さん主宰:LPL養成講座★

レポート4本提出、筆記試験、
実技試験✕2本、実技試験の逐語記録提出。
ここまでが試験内容であります。

今日は、この試験中に起こった、
“私の気づき”をシェアをしたい♡

めっちゃデカイことに気づいちゃった!!

対人援助職に求められること

いくら傾聴のスキルが上手くても。
いくら技法が上手く使えても。
いくら多くの知識を持っていたとしても。

どこまでいっても、
対人援助職に求められるのは、

それしかない。

すべてのスキルは“愛”の基盤の上に、
成り立っているもの。
“愛”が基盤になっていないスキルは、
武器か自己満足でしかない。

そして、援助者がクライアントさんに
“愛”を見せていくためには…
クライアントさんを“愛”で包むためには…
援助者自身が“愛”を体験していなければできない。

今回の試験を通して、
アタシの中で大きな気づきとなったこと。
それは…

まずは自分自身が、
〈愛と繋がりの中で生きる〉

ということの重要性

だった。

“つながり”って…ナニ?

これは一概に言えないけれど、
もしかしたら、
アダルトチルドレンの方の多くに
当てはまるかもしれない‥。

それは、

人との繋がりを感じられない感覚。

アタシは心の奥底の方で、
この感覚がずっとあることを、
何十年も前から知っていた。

なんとなく感じる、
【人との繋がりを感じられない違和感】
を抱えながらも、
「こんなもんなのかなー?」とか、
「でも、皆と仲良くやってるしなー」とか、
思っていた。

実際のところ、コミュニケーション能力高いし。
友達と仲良くやってるし。
昔の彼氏とかとも仲良くしちゃうタイプだし。
家族とも仲いいし。

けれども、物質的には“繋がっている”にも関わらず、
心の奥の方では“繋がっていない感覚”を、
実はずっと抱えていたのだった。
このギャップに違和感があった。
「上辺だけの付き合いをしている…」
「本音を話せていない感じがある…」
そんな感覚が長年拭えなかったのだ。

けれども、その違和感がドコから来るもので、
ナゼそんな感覚を持っているのか…
まったくもって分からない。

これまでのクライアント体験の中でも、
「繋がりが感じられないんです…」と、
相談したこともあった。

けれども、どのセッションでも
払拭されたことはなく、
解消されたことはなかった。

だから、アタシはこれまで“本当の繋がり”を
実は感じていなかったんだと思う。

子どもの頃から賢く生きてきた

この【繋がりを感じられない違和感】の
要因として、ふと思ったのは、

きっとアタシ、
子どもの頃からスマートに
賢く生きてきちゃったんだな…

という実感。
“子どもらしい子供時代”を送っていない、
アダルトチルドレン人生。

※以前に書いたアダルトチルドレン(AC)の
 記事はコチラをご参考ください↓↓↓

★ブログ:“いい子ちゃん”であることの危険性★

そもそも“子どもらしい子供時代”を
送っていないというのはどういうことかというと、

〈子ども〉を思いっきりやっていない。
=〈子ども〉を体験していない。

ということは、どういうことか…?

子ども=感性の塊

ということは、要するに…

あるがままの感性を
フルに出しきったことがない!

ってこと。

そう。
子どもの頃から大人のご機嫌伺いをし、
大人の顔色を見ながら行動し、
空気を読みながら遠慮をし、
大人の代わりに自分が頑張り、
自分が我慢すればどうにかなると、
大人ぶっちゃった。

では、それによって、
なぜ“繋がり”が感じられないのか…?

感性こそが
〈自分の本質〉
だから!

要は〈自分の本質〉と繋がってない!
〈自分の本質〉と繋がってないなら、
当然、人との繋がりなんて感じられるわけない。

子どもなのに背伸びして大人ぶっちゃって、
いっぱい考えながら幼少期・児童期を過ごし、
「マセた子ね…」なんて言われながらも、
自分の感情・要求を飲み込むことで、
家族を守っていた…そんなACたち。

本当は、自分の感情を表現したかった。
本当は、自分のワガママを言いたかった。

本当は、めっちゃ甘えたかった。
本当は、自分の個性を尊重されたかった。
本当は、自分の行動を制限してほしくなかった。

ありのままを表現することや、
行動することを許されなかった器(=家族)で
育ったわけだから、
自分の感性を置き去りにしてしまい、
迷子になっちゃったんだ。

“繋がり”こそが、“愛”のチカラ

このことが腑に落ちた時、
“アタシは一度、とことん子どもを
 体験をする必要がある”
と、直感的に思った。

自分の本質と繋がってなければ、
他者とも当然繋がれない。
今後もこれまでのように、
なんとなく“繋がってない感”を抱えながら、
上辺の付き合いをしていくのか?

っていうか、
そんなんで対人援助職が務まるのか?
・・・務まるワケない!

【自分と繋がっている感覚】は、
至福感・満足感・自己愛を感じる。
そうすると自然に、
相手を愛おしく思う気持ちが湧いてくる。
相手を慈しむ気持ちが湧いてくる。
相手に対する思いやりが湧いてくる。

この感性の循環こそが“繋がり”を創り、
これこそが“愛”なんだと思う。

愛が枯渇している時代

今、みんなSNSで“繋がり”を
求めているよね。
もしかしたら、【繋がり感の欠乏】が
蔓延しているのかもしれない…
という、この危機感。

子どもが、子供時代を生きなくて。
大人の都合によって自分の感性を押し殺し。
周囲に合わせて生きてきた結果、
〈本当の自分・自分の本質〉を見失い、
どこかに置いてきちゃった…。

自分と繋がってないから、
人と繋がることへの怖さがある。


自分を愛していないから、
人を愛することが分からない。

自分と切れているから、
人を切ることも簡単にする。

これが、どんなに恐ろしいことか。

分断された世界を、
生み出すのはもうやめよう。
排除する世界を、
生み出すのはもうやめよう。

〈子供時代に、子どもを生ききること〉
の重要性を、どうか多くの人に知ってほしい。

自分の感性を取り戻すことは、
自分の本質を取り戻すこと。
自分の感性を取り戻すことは、
本当の自分を生きること。

感性というのは、
自分から湧いてくる“感情”(喜怒哀楽)
自分から湧いてくる“直感”
自分から湧いてくる“欲求・欲望”

ここに気づいて、
感性のままに生きることを自分が許可したら、
本当の自分へと戻っていける。
戻っていくというより、
思い出していくものなんだって。
あけみ姐御が言ってた。

だから、まずはアタシ自身が、
〈愛と繋がりの中で生きる〉ため、
自分の感性の深さへと潜る。

今回の気づきが起こった時、
自分の“感性”は、
とてつもなく深いものだという直感が働いた。
そして、この深い深い感性で自分を生きたとき、
とてつもないエネルギーが
溢れ出てくるであろうという直感も働いた。

アタシという人間の奥深さは、
アタシが発見してあげないといけない。
〈愛と繋がりの中で生きる〉ことで、
アタシはアタシの奥深さを発見しにいくのだ。
その溢れ出るエネルギーが、
自然と人に与えていくことになり、
そしてエネルギー循環へとなっていく。

準備は整った。
自分の人生を思いっきり生きる覚悟もできた。
あとは、とことんコミットしよう♡

Written by まついゆか

子どもの“感性”を大切にする子育て法
【愛の子育てレッスン】

LINEで送る
Pocket

内側に意識が向くと、外界に興味なくなる…

LINEで送る
Pocket

自分の内側の世界に意識が向くと、
外界に興味がなくなってくる…。

例えば、誰かと同じ空間を過ごしていて。
相手がTVを見ていると、
自分が普段、TVを見ていないことに気づく。

「TV見なかったら、何してるの?」と、
聞かれたけど…たしかに、何してるんだろ?

瞑想してるか。
ブログ書いてるか。
本読んでるか。
プロジェクトのことを考えてるか。
新しいものを生み出す何かをしてるか。
ネットサーフィンしてるか。

自ら求めていない情報が、
自動的に流れ込んでくるTVの世界が、
とても苦手になってしまった。。。
自分が得たい情報は、
ネット世界へ自分で取りに行けばいい。

そう、自動的に入り込んでくる、
垂れ流し情報が、アタシにとって
とても苦痛で仕方がないんだ。

内側に意識が向く世界

自分の内側に、
意識が向く世界は楽しい。

自分の心の呟きを聴いてみたり。
自分の“感じる”世界に留まってみたり。
自分のイメージする世界を観察してみたり。
完全に…怪しいよね(笑)

いろいろと思い耽ってみては、
「あ、これはビリーフだ!」とか。
(※ビリーフについては★コチラ★
「あ、これはあの頃に感じた感情だ!」とか。
「身体が何かを訴えてる!」とか。
もうね…自己探求マニアです(笑)
だから、理解されにくいと思う。
このマニア、変態、ヲタクの領域。

この世界観を説明するのがややこしいから、
あまり説明も言及もしない。
そういう意味で、
自分ひとりの時間って必要だな。
でも、共に理解できる相手なら、
なお嬉しいな。
だから学んだ仲間といるのが、
一番楽チンで楽しい。
みんな、自己探求マニアだから(笑)

ベクトルが外に向かず、
内側に向いている同士の付き合いって、
本当に楽チンで有り難い。
人を責めることをしないしね。

以前、職場の上司に、
「なぜ、まついさんは不平・不満を言わないの?」
と聞かれたことがある。
外側にベクトルが向いていると、
人や会社や社会のせいにする。
けれど、内側にベクトルを向けていると、
「アタシがそれを選んでるから。」で完結。
不平・不満があるならば、
自分の選択を変えればいい。
不平・不満があるならば、
自分の意見を述べればいい。
ただ、それだけ。

わたしはわたしの人生を生き、
あなたはあなたの人生を生きる。
わたしはあなたの期待にこたえるために
生きているのではないし、
あなたもわたしの期待にこたえるために
生きているのではない。
私は私。あなたはあなた。
もし縁があって、
私たちが互いに出会えるなら
それは素晴らしいことだ。
しかし出会えないのであれば、
それも仕方のないことだ
「ゲシュタルトの祈り」より

外界は結局、内側の世界の投影

外の世界より、
内側の世界が楽しいというのには、
もう一つ理由がある。

結局、外側に映し出される現実は、
自分の内側で起こっている世界の投影だから。
しかも、潜在意識の世界が、
外界に投影されていたりするから。

だから内側の世界で起こったことを、
外界で引き寄せたりする。
潜在意識の動きが、
外界に現れた時は、めっちゃ楽しい。
潜在意識の書き換えが、
現実に変化をもたらしていくことが、
めっちゃ楽しい。

そういう意味で、
外界を楽しむためには、
目の前で起こっている現実から、
自分の潜在意識を紐解く…という
見方をすると、外の世界も楽しくなる。

…やっぱり、マニアだな。
何を言ってるかナゾだよね、多分(笑)
あまり伝わらないと思う。
ごめん、自己満足的な内容で。

先日アタシの夢に、なんとイチローが出てきた。
イチロー様、アタシの夢に初登場☆

全くTV見ないから、
彼が来日することなど、知らなかった。
夢の中では、イチローとアタシは友達でww
日本に遊びに来たイチローと、
アタシは仲良く話してるという夢だった。
彼はアタシに、
「もうすぐ、日本に帰ってくるよ」と言った。

その翌日、友人のFacebookで、
イチローが東京ドームで試合してることを知った。
そして後日、引退とは…。
一足先に、潜在意識が情報をキャッチしてた。

もっと深めちゃうかも…“魂”世界

心理学の領域を超えて、
魂の領域に楽しさを見出してきた、最近。

なんだか魂の領域で、
シゴトしてきたくなってきたなぁ。
もっともっと感性を磨いて、
(磨いて‥という表現は違う気がするけど)
宇宙との繋がりを強めていきたい☆

…という、怪しい(笑)宣言でした!

Written by まついゆか

LINEで送る
Pocket

生み出す人・組み合わせる人

LINEで送る
Pocket

何かクリエイトする時には、
生み出す人と、組み合わせる人がいる。
でも、生み出す人というのも、
結局のところ、
いろーんな組み合わせをした結果、
生み出されていることがほとんど。

全くの新しいことを生み出すって、
然う然うないもので、
ほとんどがMIXされたもので、
新しいものが生まれている。

で、それは別にどっちでもいいんだと思う。

MIXされたものでも、
アレンジされたものでも、
組み合わせて新しいものが生まれるなら、
それでいいんだと思う。

命だってそうだしね。
遺伝子がMIXされて、
新しい命・遺伝子が誕生するのだから。

創造主は自由であれ

ただ、創造主というのは、
自由であらなくてはいけない。

何かに固執してしまうと、
そこからは何も生まれない。

だから自由に、
フレキシブルに。
そして表現をしていくことで、
新しいものが生まれる。

インプットすることは大事。
だけど、インプットしたことを、
どう使うかの方が、もっと大事。

インプットするだけで満足していては、
何も意味がない。
それを自分でどう消化し、
どう組み合わせて、
どう新しいものを生み出すか。
そこに、【人間の力=創造力】がある。

AIには出来ないことね。

インプットした点がつながった時…

おそらく、インプットした点がつながり、
自分の中で線となって、
面となった時に、
Aha体験が起きて、
新しいものが生まれるような気がする。

だから、インプットは単なる情報収集。
自分が必要としている情報を吸い上げたら、
手放していいんだと思う。

その蓄積がいつしか線となり、
自分の“寄り道”してきた点がすべてつながり、
その時に道が開けるんだね。
シナプスがつながっていく感じ。

それは期が熟せば、
自然とやってくるような気がするのだ。
それほどに、宇宙はうまいこと出来てるから、
安心して好きなだけ“寄り道”したらいい。
これがアタシの考え。

嗚呼、学びが毎日多いなぁ。
幸せだなぁ。

オリジナルを創ることを楽しもう

家族に教わったことも、
学校で教わったことも、
社会で教わったことも、
友達に教わったことも、
恋人に教わったことも、
パートナーに教わったことも、
子どもに教わったことも、
すべては自分だけの宝物。

同じ体験をしている人なんて、
この世に一人もいない。
過去にも未来にも一人もいない。

だから、インプットしたことを、
どうMIXして、
オリジナルを創り上げるのかは、
自分が通ってきた道でしか、
創り出せないように、
自然の摂理としてなっているんだ。

でもそこでね、
自分自身が「生み出そう」という気持ちでいないと、
力だって使えないわけ。

「“自分”を使って、
新しいことを生み出す人になる!」

ということを、
自分自身で決めるのだ。
それが主体性で生きるってこと。

人に従っている場合ではない。
人に倣っている場合ではない。
人に合わせている場合ではない。

自分の中から湧き上がってくる、
創造力を思いっきり楽しもう。

Written by まついゆか

♡個人セッションお申込♡

LINEで送る
Pocket