ボ〜っとせよ!考えない生き方の選択。

LINEで送る
Pocket

ヒトって…忙しいよね(笑)夕飯を考えたり、家に帰っても仕事のことが頭から離れなかったり、子供の将来を考えたり、親の介護のこと考えたり、自分の人生や将来を考えたり…ちっちゃなことから、おっきなことまで。。

あぁー! もう考えることがいっぱい!!

みたいなこと、ありません? 常に“考える”ってことが習慣になりすぎちゃって、【疲れている】ってことに気づいてないでしょ?考えるのは、ヒトとして当たり前だと思ってない??
その“当たり前”を見直してみよう!…っていう話し。

アタシ、“考える”のやめました。

「皆さん考えてばかりで忙しそうだなぁ…」って横目に見ながら、私は最近【考えるのを放棄してみよう】って決めました。そう、ボ〜っと生きることを選択したの。衝撃の発言!!!(笑)

だって「考えていること」って、過去のことか未来のことばかり。
・夕飯どうしよう?→未来のこと
・あの仕事、大丈夫だったかな?→過去のこと
・うちの子、どこの学校へ入れようかしら?→未来のこと
・そろそろ母を介護施設に入れなきゃ…→未来のこと
・この先の人生、何を目指そう?→未来のこと
・また同じこと繰り返しちゃったらどうしよう→過去のこと
こんなふうに、私たちの頭の中は過去のことと未来のことでいっぱい。何一つとして「今」のことなんて、そこにはないの。
まぁ、「今」って、今のことを思った瞬間、過去になっていくものだからね。要するに思考の中に「今」はないんだけどね。

なんだか、そんな未来と過去を行き来して、頭がいっぱいになって、不安になったり罪悪感に苛まれたり、自責したり…そのうち「めんどくさ!アタシ!」って思ったら、吹っ切れちゃったんだよね。
そして、「もう、い〜らない!」って思っちゃった。

考えるのは、自分を守るため

こうして、いっぱいいっぱい考えちゃうのは、自分を守るための防衛反応。
不安・怖さ・ムカつき・悲しみ・憎しみ・不満・嫉妬…なんだか、いっぱいあるじゃない?ネガティブな感情って。それを感じたくないがために、頭でいっぱい考えることで、自分の感情から目を背けている。自分を安心させようといている。そう考えることによって、感情を落ち着かせようってする。

けどね…頭の使い方、間違ってんのよ!

と、言いたい・・・。
そんな頭の使い方したって、感情は落ち着くどころか膨らんでいく。膨らんでしまった感情は、いろんな形で現実世界に現れる。そして自分の周りに不都合なことが起こるのだ。そんな不都合なことを引き寄せる考えなんて、捨ててしまえ!

考えないって現実逃避なんじゃない?

…って思うでしょー?? 「現実逃避」って私から言わせれば、未来や過去のことばかりを考えていることのほうが、逃避に思ってるよ。さっきも言ったように、自分の“感じていること”から逃げていること。感じないで未来と過去のことで頭がいっぱいになっている方が、現実=「今、ここ」を逃避しとるわ!!
事件は現場で起きている!!・・・って話し。

「今、ここ」で起きていることが、現実であり事実であるわけ。

過去のことはもう終わっていること。それをネチネチ気にしてても、もう終わってるし!未来のことを「あーでもない、こーでもない」と考えていても、明日急に身体が動かなくなったら、どーすんの??

もしや、頭の使い方って2通りある?

もしかして…頭の使い方って2つあるのかもしれないなぁ。1つは過去と未来をグルグルしている「囚われ」に使うのと。もう1つは感じたことや閃きを現実化させていくのと。
話が逸れるけど、漢字っておもしろいね。「囚われ」は人を囲い、「閃き」は人の門を開ける。囚われるか、閃くか…この突破口になるのは、「囚われ」から解放されることしかない。「囚われ」から解放されると、「閃き」が起こりやすくなってくる。


話しを戻すと、頭の正しい使い方としては後者だよ。過去や未来のことをグルグルと考えている時間と労力は無駄。自分の中から降ってきた&湧いてきた閃きや、感じたことを現実化させるために頭って使うの。

考えない代わりに…

考えない代わりに、何をするかって…【感じる】ってこと。これだけはやっていこうって決めているよ。【感じる】ってことだけは、絶対に失ってはいけないとアタシは信じている。考えるのはやめられるけど、感じることはやめられない。感じることは、命そのものだから。考えることをやめても死なないけれど、感じることをやめたら、死んでるようなもんだよ。だって覇気がない。

しかも正式に言うと、【感じる】ってことは自分で決められたり、選択できることじゃない。今この瞬間瞬間に、私たちはいろんなことを感じ取っている。
寒い、暑い、穏やか、イライラ、そわそわ、ザワザワ、痛い、ワクワク…身体感覚から心の状態まで、いろんなことを感じている。これって、「ワクワクしよう!」と思って、それを選択してるわけじゃないよね? 気づいたら、そうなってるってことじゃん。自分が【今ここで感じていること】が大切で、真実はそれでしかない。感じていることに良いも悪いもないからね。
だから【今ここで感じていること】を最優先とし、それをアウトプットする方法として頭を使う。言葉に当てはめてみたり、表現方法を考えてみたり。だから考えずに感じることだけをしていく。感じて、感じて、感じて、感じて…「あ!」って閃いたときに、はじめて考える。そこで初めて頭を使う。それでいいのだ。

考えない習慣って、超楽チン☆

この習慣が身につくと、とても楽チン☆ 「あーでもない、こーでもない」という考えに私たちはどれだけ支配されているのだろうか。その支配されていた囚われや考え方に、労力も気力も使って自分で自分を疲れさせる。
この「あーでもない、こーでもない」と言っているのは、過去の自分が作り出した“エゴ”だからね。“エゴ”に支配されるっていうのはとても疲れるし、いかんせん自分の人生を乗っ取られた感じがする。「自分を生きてる!!」っていう感覚がなくなるし、自分を見失う。

“エゴ”が自分自身と思っている人も多くいるし、そもそも“エゴ”だってことに気づいていない人が多い。だから、「自分を生きてる気がしないなぁ…」とか、「なんだか地に足がついていない感覚がある」とか、「自分の人生のハンドルを握っていない感覚がある」という方はご注意!!

“エゴ”というのは、自分の人生における過去の経験から得た〈不安〉や〈怖れ〉から来ている。私たちは〈生まれたての赤ちゃん〉の心を取り戻したとき、はじめて本当の自分と出会える。だから、考えずに感じることだけをするのだ!

考えない習慣を身につけるために必要なもの

考えない習慣のために、何が必要かって…【絶対的信頼感】なんだよ。この【絶対的信頼感】というのは、〈自分自身に対して〉と、〈世界(=自分以外)に対して〉という両方に対するもの。この【絶対的信頼感】を得るためには、過去の自分が体験した恐怖心、不信感、疑心、喪失感…といったネガティブな感情たちを一回清算する必要がある。もう一回、そのネガティブな感情たちの海に飛び込まなくてはいけない。

これが怖いから、みんなカウンセリングとかセラピーとかに対して恐怖心があるんじゃないかな。

でもね、決して「ネガティブな感情のまま終了」ってことはさせない。過去のネガティブ感情を味わい尽くして清算し、新しい扉を拓く、新しい世界を観に行く…それがセラピーでやってること。

数十年間生きてきて、溜めてきた〈不安〉や〈怖れ〉を少しずつ清算し、自分を〈生まれたての赤ちゃん〉に戻していく。そこがクリアになればなるほど、【絶対的信頼感】が湧いてくる。この【絶対的信頼感】が確信に近づけば近づくほど自分がとても自由になり、さまざまな選択肢を持つことができ、自分の人生を生きていくことができる。

自分の中の純粋さを取り戻し、〈100%の自分〉で生きることが出来るようになった時、ボーッと生きることに対する不安も怖れもなくなるのよ。
そんな自分だけの世界を見るため、楽にボーッと生きるため、本来の自分を取り戻すため、どうぞセラピーを活用してください♡

Written by まついゆか

♡個人セッションお申込み♡

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)