LINEで送る
Pocket

自分の能力とか、自分の才能って、なかなか自分では気づけなかったりする。
人に言われて初めて、「あ、これって私だから出来ることだったんだ」ということに気づく。
「自分のことは自分が一番よくわかってる」なんてよく言うし、それも一理あるけれど、自分のことを意外と人もよくわかってくれていたりする。ありがたいことに。

年末に会った心友の“えりんぱ”(“ゆかえもん”の名付け親)にもらったフィードバックで、改めて自分の能力を受け取り、納得した。

どうやって作ってるの?

「ゆかちゃんは、どうやってプログラムとか作ってるの?」と、えりんぱから素朴な質問を受けた。

…どうやって?
はて、私はどうやって??
ぶっちゃけ、自分でもわからない。
考えることもなく、ポンポンと勝手に出てきて手が動くの。

これが、私の答えだった。

ワークショップとか講座とか研修とか、いろいろとやってきて。
また、イベント制作でもイベント全体のスケジュールを組むのが仕事だったし、クライアントに提出する資料の構成も作ってたし、舞台上の構成や台本を作ることも仕事にしてきたので、【組み立てる】という能力が、もう自動的に身についているんだと思う。

私は【デジタル思考+アート思考】の人間で、ロジカル思考は皆無に等しい。
アイディア・発想〜組み立て〜実現までワンストップでサポート出来ることが、私の強みなのだ。

今回、「どうやって作ってるの?」という問いをしてもらって、はじめて気づいた。まるで私は

【息をするかのようにプログラム・構成を作る人】

だったんだと。

企業研修のプログラム構成(2日間もの)は1〜2時間程度で作る。
2〜3時間くらいの研修だったら、30分〜1時間程度で構成を作り、資料化する。
50枚以内のパワーポイントの資料だったら、2時間程度でリメイクする。
1から作り上げる資料・プログラムも、1日以内でなんとかなる。

これを、当たり前のようにやっているんだけど、どうやら他の人から見ると、すごい才能みたいだ。

肝は「要点押さえ」

何かを組み立てるときに、肝となるのは【要点を押さえること】。
自分で言うのもなんだけど、ワタシはカウンセリングでも〈要約〉がうまい。クライアントの長いストーリーの中で、要点を見つけ出し、それを抽出して、目の前に並べてあげるのが得意なのだ。これは多くのカウンセラー体験を通して鍛えられた筋肉だと思う。

要約筋肉(笑)

その要点が仮に違った場合は、相手は「いや…そこじゃなくって」とちゃんと言ってくれるし、要点がドンピシャだと「そうそうそうそう!!!」となる。
で、要約したものを線でつないでいくと、全体像が見えてくる。
大量の情報量の中に埋もれている要点やポイントを見つけ出すというか、抽出するのは、「砂金採り」みたいなもんかな(笑)

で、これはカウンセリング場面に限ってではなく、ビジネスでも、プロジェクトでも、コンテンツ作りでも、結局は全部一緒なのよ。
だって、ビジネスもプロジェクトもコンテンツもなんでやるのかっていうと、クライアント(お客様)の困っている・悩んでいることを解決したかったり、自分がやりたいこと・伝えたいことがあるから、ビジネスやプロジェクト、コンテンツを手段として実現させていくわけなんだから。

だから、ビジネスやプログラムを組み立てる時に必要な要点としては、
▶︎何を伝えたいのか、何を体験させたいのか(目的・ニーズ)
▶︎現在の状態と悩み・困っていること(スタート時)
▶︎使えそうなコンテンツ・ツール・スキル(手段・方法)
▶︎対象者の情報(年齢、職業、役職、どんな集まりかなど)
これさえあれば出来る。
スタート地点の状態と、目指す方向性。そこに持っていくために、どんな道筋を立てていくのか。どんな方法で実現させていくのか。

でも、多くの人は、「この手段がないから」とか「この方法を知らないから」とか、コンテンツ・ツール・スキルの習得にばっかり気が向いてしまう。「自分にはまだ足りない…」と別の手段をまた選ぼうとする。
けどね、目的やニーズ、要するにゴールが見えれば、自ずと道は拓けるのだ。
手段・方法はいくらでもある。もうすでに手にしている。

あとは対象者の情報からその人たちをイメージしながら共感し、思いを馳せて組み立てていくだけ。
ワタシはこの行程がたまらなく好きなのだ。

2021年に入って

2021年に入って、とにかく“作る/創る”のご依頼を多くいただいている。
ビジネスを創る、企業研修プログラムを作る、資料を作る、グループワークのテーマを作る…
今に始まったことではないんだけど、ご依頼が増えてきたことが、とても嬉しい! だって、ワタシは「創りたい!(作りたい)」からね!

実はコンサルとか嫌いでさ…
(この話しは、また別の機会にしますww)

ワタシは自分が手を動かしたいし、やっぱり実現をさせていきたいんだよね。実行したい人なのよ。だから、口だけ動かすのは好きじゃない!

なので、今年もワッシャワッシャと作り、動かし、実現に向けて道の開拓をしていきたいと思います!
御用命あれば、いつでも【どこでもドア】で会いにゆきます♡

実現プロデューサー☆ゆかえもん!

 

LINEで送る
Pocket

https://yuka8.com/wp-content/uploads/2021/01/61078f4f3d5ea9fc925ed28db4bc92e8.jpghttps://yuka8.com/wp-content/uploads/2021/01/61078f4f3d5ea9fc925ed28db4bc92e8-150x150.jpgまつい ゆか創|Creator志|Business綴|Blog自分の能力とか、自分の才能って、なかなか自分では気づけなかったりする。人に言われて初めて、「あ、これって私だから出来ることだったんだ」ということに気づく。「自分のことは自分が一番よくわかってる」なんてよく言うし、それも一理あるけれど、自分のことを意外と人もよくわかってくれていたりする。ありがたいことに。 年末に会った心友の“えりんぱ”(“ゆかえもん”の名付け親)にもらったフィードバックで、改めて自分の能力を受け取り、納得した。 どうやって作ってるの? 「ゆかちゃんは、どうやってプログラムとか作ってるの?」と、えりんぱから素朴な質問を受けた。 …どうやって?はて、私はどうやって??ぶっちゃけ、自分でもわからない。考えることもなく、ポンポンと勝手に出てきて手が動くの。 これが、私の答えだった。 ワークショップとか講座とか研修とか、いろいろとやってきて。また、イベント制作でもイベント全体のスケジュールを組むのが仕事だったし、クライアントに提出する資料の構成も作ってたし、舞台上の構成や台本を作ることも仕事にしてきたので、【組み立てる】という能力が、もう自動的に身についているんだと思う。 私は【デジタル思考+アート思考】の人間で、ロジカル思考は皆無に等しい。アイディア・発想〜組み立て〜実現までワンストップでサポート出来ることが、私の強みなのだ。 今回、「どうやって作ってるの?」という問いをしてもらって、はじめて気づいた。まるで私は 【息をするかのようにプログラム・構成を作る人】 だったんだと。 企業研修のプログラム構成(2日間もの)は1〜2時間程度で作る。2〜3時間くらいの研修だったら、30分〜1時間程度で構成を作り、資料化する。50枚以内のパワーポイントの資料だったら、2時間程度でリメイクする。1から作り上げる資料・プログラムも、1日以内でなんとかなる。 これを、当たり前のようにやっているんだけど、どうやら他の人から見ると、すごい才能みたいだ。 肝は「要点押さえ」 何かを組み立てるときに、肝となるのは【要点を押さえること】。自分で言うのもなんだけど、ワタシはカウンセリングでも〈要約〉がうまい。クライアントの長いストーリーの中で、要点を見つけ出し、それを抽出して、目の前に並べてあげるのが得意なのだ。これは多くのカウンセラー体験を通して鍛えられた筋肉だと思う。 要約筋肉(笑) その要点が仮に違った場合は、相手は「いや…そこじゃなくって」とちゃんと言ってくれるし、要点がドンピシャだと「そうそうそうそう!!!」となる。で、要約したものを線でつないでいくと、全体像が見えてくる。大量の情報量の中に埋もれている要点やポイントを見つけ出すというか、抽出するのは、「砂金採り」みたいなもんかな(笑) で、これはカウンセリング場面に限ってではなく、ビジネスでも、プロジェクトでも、コンテンツ作りでも、結局は全部一緒なのよ。だって、ビジネスもプロジェクトもコンテンツもなんでやるのかっていうと、クライアント(お客様)の困っている・悩んでいることを解決したかったり、自分がやりたいこと・伝えたいことがあるから、ビジネスやプロジェクト、コンテンツを手段として実現させていくわけなんだから。 だから、ビジネスやプログラムを組み立てる時に必要な要点としては、▶︎何を伝えたいのか、何を体験させたいのか(目的・ニーズ)▶︎現在の状態と悩み・困っていること(スタート時)▶︎使えそうなコンテンツ・ツール・スキル(手段・方法)▶︎対象者の情報(年齢、職業、役職、どんな集まりかなど)これさえあれば出来る。スタート地点の状態と、目指す方向性。そこに持っていくために、どんな道筋を立てていくのか。どんな方法で実現させていくのか。 でも、多くの人は、「この手段がないから」とか「この方法を知らないから」とか、コンテンツ・ツール・スキルの習得にばっかり気が向いてしまう。「自分にはまだ足りない…」と別の手段をまた選ぼうとする。けどね、目的やニーズ、要するにゴールが見えれば、自ずと道は拓けるのだ。手段・方法はいくらでもある。もうすでに手にしている。 あとは対象者の情報からその人たちをイメージしながら共感し、思いを馳せて組み立てていくだけ。ワタシはこの行程がたまらなく好きなのだ。 2021年に入って 2021年に入って、とにかく“作る/創る”のご依頼を多くいただいている。ビジネスを創る、企業研修プログラムを作る、資料を作る、グループワークのテーマを作る…今に始まったことではないんだけど、ご依頼が増えてきたことが、とても嬉しい! だって、ワタシは「創りたい!(作りたい)」からね! 実はコンサルとか嫌いでさ…(この話しは、また別の機会にしますww) ワタシは自分が手を動かしたいし、やっぱり実現をさせていきたいんだよね。実行したい人なのよ。だから、口だけ動かすのは好きじゃない! なので、今年もワッシャワッシャと作り、動かし、実現に向けて道の開拓をしていきたいと思います!御用命あれば、いつでも【どこでもドア】で会いにゆきます♡ 実現プロデューサー☆ゆかえもん!  実現プロデューサー〈ゆかえもん〉公式ブログ